即日、無利息からレディースローン、学生ローンまで、多彩なキャッシング会社を徹底比較!申し込みに迷ったらキャッシング比較・申し込み!初心者のための情報におまかせ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッシングとはアコム、プロミス、レイクなどの消費者金融や三井住友、東京三菱UFJ、みずほなどの銀行が、法人ではなく個人に向けて現金を融資する行為のことです。融資にあたっては、借り入れ金に対して実質年率という形で利息が付きます。実質年率というのは、現在借り入れしている全額を1年間で返済した場合にどのくらいの利率で利息がかかるのかというものです。例えば100万円に対して実質年率が15%だったとすると365日かけて返済する場合の利息は15万円になります。

キャッシングにも様々な種類があり、銀行系キャッシングや信販系キャッシング、レディースローンや学生ローン、不動産担保ローンやビジネスローンなど実にさまざまなキャッシング方法があります。

大まかにキャッシング業者を分けてみると、専業系と銀行系に分ける事ができます。それぞれの特徴について説明します。専業系は消費者金融(サラ金)のみを専門に行っている貸金業者の事です。さすがにキャッシング業専門というだけあって、審査や融資までの時間が早い業者が多くあります。一方、銀行系はと言うと、大手銀行がキャッシング業者のバックに付いていたり、銀行そのものが融資していたりで、融資限度額が大きいのが特徴です。また数年前までは、銀行系キャッシングは審査や実際に融資されるスピードが遅い言われていましたが、最近では専業系よりも早いくらいにキャッシングできる業者もあり、スピードキャッシングが可能になりました。
スポンサーサイト
キャッシングを受けた後の返済方法は、銀行ATM・提携ATMや店頭窓口、コンビニエンスストア、銀行引き落とし、銀行振込、書留など様々な方法があります。できるだけ早く返済するように心がけましょう。
キャッシングで借りることのできる限度額は、50万円以下というのが一般的です。借りる人によって限度額は異なってきますが、この基準は各業者独自の判断になります。例えば、A社では限度額50万円だったけど、B社では30万円まで、というになることもあります。つまり借り入れ金額の限度額は、実際に申し込みをしてみないとわからないということです。また、最初の限度額が仮に50万円と設定されたとしても、その後の利用実績によって限度額は増減します。返済を確実に期日までに行っていけば、限度額は60万円70万円と増えていきます。また、キャッシングを受ける人によっては、初めての利用でも50万円以上の限度額を設定できる場合もあります。
18歳または20歳以上で定期的に収入を得ていれば、誰でもキャッシングを利用することができます。「定期的に収入を得ていること」というのは、正社員だけではなく、アルバイト、パート、派遣なども含まれています。自営業でも1年以上などの条件がある場合もあるりますがほぼ大丈夫です。また、専業主婦の場合でも家族に定期的に収入を得ている人がいれば利用することができます。つまり、ほとんどの人がキャッシングを利用できるということです。
各金融業者にインターネットでキャッシングの申し込みを行うことです。わざわざ店頭窓口に申し込みに行かなくてもよく、申し込みが手軽に行えます。また、事前に金利などの条件を比較する、お試し審査を受けられる、24時間いつでも申し込める、など様々なメリットがあります。金融業者によってはインターネットで申し込むと金利が優遇されるサービスもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。